闇に染まりし者のブログ

気まぐれに書いています。ヘッダーとブログアイコン等はShadowverseなどから。

お題より:このような対策はいかがでしょうか

今週のお題「わが家の防災対策」
まさかのタイミングで飛んできたので書かせていただきます。
対策といってもこうすれば安心ですが、過信しないように、ですね。

・風呂場で水を張っておいてください
トイレに困りません。

・停電時ブレーカーは落としておいてください
何でかと言うと、復旧の時に火災になるためです。

・防災グッズの消費期限や賞味期限確認しましょう
水でも確認したほうがベストです。

ハザードマップを持ち、そこからもし起きた時のために実際に行動し、意見を自治体へ
実際に動けばわかることもあります

避難訓練はやっておきましょう
これも実際にやっておくと良いと思います。

・寝る場所のそばに靴とか置いておきましょう
割れたガラスを踏んで怪我をする事がなくなります。

地震時は無理に火を消したりしないでください。
火傷とかの事故の元になります。

津波が来る場合は高台に避難しましょう
場所によりますがこの手の避難所もあります。
ただしそれ以上の高さの津波もありうるので過信せずです。

津波とかの時の避難所は確認しましょう
実は重要なものです。

Amazonなどに防災グッズがありますが、店によっては防災グッズがありますので、そこも見て判断しましょう
重要なアイテムなので持っておきましょう。

・危険になりそうな場所を把握し、そこからハザードマップと照らしましょう
ブロック塀とかそういった場所は危険になりますし、ただの壁に見える場所でも崩れる可能性もありますので注意です。

・連絡はラインとか言っている方も居ますが、連絡できる手段を一つは持ちましょう
ガラケーでも十分連絡手段になりますし、公衆電話も使えます。

・公衆電話がある場所を把握し、焦らず受話器を取ってからお金なりを入れて、番号を入れましょう。使い終わったら受話器を戻してね
緊急時は便利な公衆電話です。頼むからもっと増えてください。

・車を運転する時は速度を出さないようにしてください
安全運転大事。

・避難時は不自由な方といった方がいらっしゃる場合は車でも良いですが、そうじゃない場合は徒歩で避難しましょう
実は車って幅取るんですよね・・・。ただしここは地域による・・・のかも?

・00000JAPANというWi-Fiがあるのでそれで連絡を取るのもありです
モバイル回線が使えない場合はこういうWi-Fiで連絡を取るのもありです。*1

Twitterなどの情報には過信せず、ラジオやテレビとかの情報を信じましょう
信用できる情報をちゃんと探しましょう!


以上です。
貴重なお題ありがとうございました。

おまけ:おすすめの放送局
・BSC24 様

*1:こんなのもあるよ情報があったので追加しました!