闇に染まりし者のブログ

気まぐれに書いています。ヘッダーとブログアイコン等はShadowverseなどから。

少し考えたら未来は暗く染まっていた

flashというものを知っているだろうか。
今のネットは、flashありきなのだ。
しかし、Adobeさんは言い放った。
2020年末まではやるが、それ以降は公開等しないと。
つまり、flashを使っているゲーム、サイトは完全にエンドを迎える事になる。

危惧しているのは、多くある。

Whocaresもその一つである。
Whocaresは効果音にflashというものを使っている。
もしflashが終われば、このWhocaresはチャット自体を終える事になるだろう。
掲示板だけで戦えるのかが心配である。

引き継げる能力がある、其れ相応の力があるものは少ない。
結局は、危惧している事が起きる。

flashに頼っていたその影響が、ここにある。

flashに頼り切っていた末路、とでも言えるのだろうか。
そして、flash自体は完全に消えるとしたら。
その時の対応ができるのだろうか。

この後のflashの動向、そして、サイトを見守るしか出来ないが、それでも、flashはありがたかったのだ。

それでもなお、すがりつくものもいるかも知れない。
だが、悲しいことに・・・。
flashは2020年末までだ。
なので、結局は対策を迫られている事になる。

もし救いの手があればいいが、それがなければ大半は死滅するかもしれない。
それを防げるかどうかは、見守るのが良いだろうか・・・。
flashは、今瀬戸際にいる―――。